宣伝にも使われている言葉

エディケアは「実感をもたらす成分」を組み合わせて開発された商品だそうです。
アルギニンとピクノジェノールという組み合わせはアメリカで特許を取得、世界35カ国で販売実績があります。
精力剤としての効果がたくさんの国で認められているというものなのです。

 

商品の宣伝にもエディケアは「実感」をもたらすとして説明されています。

 

サプリメントの効果を実感するのは、使う人が期待することがどんなことかによってわかりやすい・わかりにくいがあると思います。
女性の場合の美容効果をうたったサプリメントの場合は、肌や髪のツヤ感がアップするとか保湿がしっかりされて手触りがよくなるとかシミ・しわが薄くなる・消えるといったことが期待されます。

 

それらは「使ってすぐ」目に見えて実感できることではなくて、「使っているうちに気がついたら気になるところが改善されていた」という感じ方が多いものだと思うのです。

 

でも精力剤としてのサプリメントの「実感」となると、これは使った人が効果のほどがばっちりわかるというように感じないと難しいだろうなと考えたりするのです。
そう考えると宣伝にも「実感できる」と使われている商品はそれだけたくさんの人が効果があったと感じたということになるのでしょう。

 

ちなみに海外でこの組み合わせで販売されている商品は日本でも買うことができるそうです。
ただやっぱり日本人に合うように開発されているものとは言えませんから、同じような効果があるものとしてはエディケアのほうが安心かなと思います。

 

エディケア実感